圧密地盤改良SST工法 株式会社SST協会 

置換式柱状地盤改良工法SST工法

施工会社募集

詳細、募集要項はこちらから...

圧密状地盤改良SST工法とは
SSTとは
Soil Squeeze Technology【土•圧搾•技術】 の略称です。
工法の解説
【特許工法】建築技術性能証明 GBRC 性能証明 第11-06号 改
SST工法は軟弱な地盤に削孔を行い、掘削した原地土と注入材【砂】及び固化材を混合した改良材【コラム素材】を特殊オーガで垂直・水平の二方向に圧力をかけて締固め、摩擦力が強いコラム『摩擦改良体』を形成する柱状改良工法のひとつです。

砂
SST工法解説図
SST工法の基本理論・適用範囲
液状化の責任の所在はどこに?
液状化とは
液状化とは地震や噴火等によって発生する地震動により、地層内にある間隙水と共に土粒子が流動化する現象で、砂と水が泥水となって地上に噴出することです。この液状化による建築構造物への影響は、土粒子密度の変化や密度の一時的喪失および流出によって発生するものとされています。
液状化の責任はどこに?
液状化による損害責任を求めることは液状化の起因が地震動(地盤の揺れ)であり、その殆どが地震によるものである以上極めて困難です。
その主な理由は
・液状化の起因である地震が天災(自然災害)であると判断されること
・地震により発生する地震動の大きさ、長さ、方向が予測困難であること
・液状化予測と液状化が必ずしも一致しないこと
・液状化対策工事方法が結論付けられていないこと
液状化対策計画
液状化対策計画で考慮しなければならないことは、液状化による被害が人的被害ではなく経済的被害であるということでしょう。
従って、液状化対策計画で最も重要な課題は『投資対比効果』です。

詳しく読む...pdf資料を開きます
更新履歴

「建設技術フェア2017in中部」に出展いたします

建築技術フェア2017in中部
2017年10月18日(水)~19日(木)
吹上ホール(名古屋市千種区)にて「建設技術フェア2017in中部」に出展いたします。 ぜひとも弊社ブースへお立ちよりください。

「第19回名古屋ジャパン建材フェア」に出展いたします

第19回名古屋ジャパン建材フェア
2017年6月10日(土)
ポートメッセ名古屋にて「第19回名古屋ジャパン建材フェア」に出展いたします。 ぜひとも弊社ブースへお立ちよりください。





(財)日本建築総合試験所GBRC性能証明第11-06号 改3 取得 2017.3

性能証明
技術開発部発 

SST400Aオーガの開発成功に伴い (財)日本建築総合試験所GBRC性能証明第11-06号 改3 取得いたしました。
GBRCとは専門的な知識を有する公益法人が、 新しく開発された建築技術の性能を第三者の立場から審査し、 その技術が保有する性能について、性能証明書を発行するものです。

「第21回震災対策技術展」横浜に出展いたしました

第21回震災対策技術展
2017年2月2日~3日
パシフィコ横浜にて「第21回震災対策技術展」横浜に出展いたしました。 ありがとうございました。

SST工法代理店会総会

SST工法代理店会総会
2016年12月7日
東京・品川でSST工法代理店会総会を開催しました。


小規模建築物用の技術をオープン化!

小規模建築物用の技術をオープン化
SST事業推進部は、兼ねてから技術開発部が取り組んでいた接地圧300kN/㎡の基礎地盤補強と引抜抵抗を有する技術開発が完了したことを受け、 小規模建築物用の技術をオープン化すること決めた。

詳細、募集要項はこちらから...

SST協会は、EE東北’16に出展しました

EE東北’16 出展決定!
日程:2016年6月1日(水)~2日(木)
会場:夢メッセみやぎ
仙台市宮城野区港3丁目1-7
継続学習制度(CPDS)認定プログラム




Fast Hyper コラム&パイル

Fast Hyper コラム&パイル
2016.3  
SST工法で築造する改良体(コラム)と杭(パイル)の名称が募集され、
強度発現が速く(Fast)従来の性能をはるかに超える(Hyper)のところから次のように命名された。
Fast Hyper コラム&パイル SST工法

SST協会は、第20回「震災対策技術展」横浜に出展参加しました

第20回「震災対策技術展」横浜
日程: 2016年2月4日~5日
会場:パシフィコ横浜


抑止杭の開発

抑止杭の開発
2016.2  
コラムに削孔を行うオーガの開発に成功、 これによりSST工法で築造したコラムに削孔を行うことが安易に出来ることから、 鋼材を挿入した基礎杭、抑止杭、土止め杭等が実用段階に入る。

コラムの性能実験

コラムの性能実験
2015.12  
SST工法で築造したコラムの曲げ応力度、引張り強度、コンクリートの付着力 の実験が行われその性能が確認された。

プラント式オーガの開発

プラント式オーガの開発
2015.9  
施工地盤面より最大20m以深まで改良できるオーガの開発に着手、
設計が終了し特許を申請、平成30年の実用を目指す。

ヘッド調整容器の開発

ヘッド調整容器の開発
2015.8  
施工地盤面より5m以深まで、コラム頭部の高さを調整できる特殊器具の開発 に成功し、平成28年1月より使用を開始する。

SST協会は、第六回「震災対策技術展」宮城に出展参加しました

第六回「震災対策技術展」宮城出展決定!

第六回「震災対策技術展」宮城
日程: 2015年8月6日~7日(金)
会場:AERビル(仙台市青葉区中央1丁目3番1号AERビルショップ棟5階)



東北支店を開所しました

東北支店開所
2015.7
 
宮城県仙台市に東北支店を開所しました。

SST500B&600Bオーガの開発に成功

SST500B&600Bオーガの開発に成功
2015.4
 
従来のA型より1.5倍の圧縮強度(最大12,000kN/m2)を発現するB型オーガの開発に成功、 特許の申請と共に遂次使用を開始する。


第二回「震災対策技術展」大阪に出展参加いたしました

第二回「震災対策技術展」大阪出展決定!
2015.6.4~6.5
第二回「震災対策技術展」大阪
日程:
6月4日10:00~19:00
6月5日10:00~17:00
会場:コングレコンベンションセンター(大阪市北区梅田 グランフロント大阪北館B2F内)

NETIS KT-150002-A 登録完了しました

NETIS KT-150002-A  登録済

東京営業所を開所しました

東京営業所開所
2015.3.
 
東京都千代田区に東京営業所を開所しました。

SST研修センターの開設

研修センターの開設

2014.3
 
SST工法の技術者を育成するための研修所を開所しました

「第一回 震災対策技術展 大阪」無事に終了いたしました

第一回「震災対策技術展」大阪出展決定!

2014.6.18
 
「第一回 震災対策技術展 大阪」にご来場頂きありがとうございました。
続きをよむ...

「朝日 住まいづくりフェア2014」無事に終了いたしました

第一回「震災対策技術展」大阪出展決定!

2014.6.1
 
「朝日 住まいづくりフェア2014ではご多忙のおりにもかかわらず弊社ブース・セミナーにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。
続きをよむ...


安全衛生教育を実施いたしました。

安全衛生教育
2013.6.20
大阪支店発
 
建設業労働災害防止協会 安全管理士の鶴賀谷修氏を講師にお招きし安全衛生教育を実施いたしました。
続きをよむ...

SST工法技術研修生募集

技術研修生募集
SST工法技術研修生募集いたします。研修地は千葉県市原市です。




What's SST ?